湯灌とは

湯灌

葬儀を行う前に、亡くなった方をお風呂に入れる儀式を湯灌(ゆかん)と言います。 故人様の「現世での疲れやお痛みを心身共に洗い清める」という意味と、赤ちゃんが生まれた時に産湯に浸かるように「来世へ生まれ変わるために」という願いが込められた儀式です。 弊社では葬家様を癒す為、とにかく丁寧かつ心を込めたお手当、身支度を心がけております。 近年では、湯灌は限られた時間の中で 「家族が故人と最期にゆっくりと立ち会える時間」 として見直されてきています。

「お風呂が好きな人だったから」「入院期間が長く、入浴が出来なかった」「愛用の衣服への着替えさせたい」といった、故人をゆっくりと偲ぶ時間と最期に出来るだけ綺麗にしてあげたい、と言う方の利用が増えています。